発音ノート (pronunciation)

『ゴーン・ハズ・ゴーン』にご用心

Mr. Ghosn has gone to Lebanon.

「ゴーンさんはレバノンに行ってしまって(日本にいない)

という事件が実際に起こりました。

そこで,

 Mr. Bean has been to Lebanon.

「ミスター・ビーンはレバノンに行ったことがある

というセンテンスと合わせて(これは事実かどうかわかりませんが)…

「ゴーン has gone to~ / ビーン has been to~」

という語呂合わせがはやっていますね。

中学生が手こずる現在完了形のよくある間違い

防げるようになっているそうです。

無粋なツッコミですが…

ゴーン(Ghosn)氏は正確には [goʊn] と読みます。

あえてカタカナで表すと「ゴゥン」ですね。

一方で,go の 過去分詞形 gone は [gɔːn] と読みます。

これもあえてカタカナで書くと「ゴーン」です。

……

ミスター・ビーン(Bean)は,[bi:n] と読みますが,

beの過去分詞形 been は,私たちがふだん学習しているアメリカ英語では [bɪn] です。

これはうまくカタカナで表せないのですが,

両方とも日本語の「イ」「イー」とは異なります。

ちなみに,イギリス英語では Bean も been も [bi:n] なのでツッコミどころはありません。

『文法』も『発音』も同じレベルで正確に!

今回の事件で,現在完了形が学習しやすくなったことは良いことです。

ですが同時に,

いかに発音の学習が後回しにされているか

を浮き彫りにした出来事でもあります。

……

特に初めて現在完了形を習う中学生のみなさんは,

初級者だからこそ

発音も文法と同じくらい正確に学習していきましょう