代表/講師・大串一朗 (グッチャン)

【英語資格】

  • 英検 1級
  • TOEICスコア 960

【経歴】

1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。

高1の夏に米国カリフォルニア州へのホームステイプログラム(ISA福岡支社主催)に参加,得意だったはずの英語がまったく通じないことに衝撃を受け,学校での英語教育に疑問を抱き始める。

さまざまな英語学習法を試行錯誤した末,高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590を達成。

国際基督教大学(ICU)の入試では首席合格を果たし,同入学式で新入生代表宣誓を務める。大学1年次にはELP(English Language Program)・Program C(英語教育プログラム・最上級コース)を修了。

ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2002年より都内の家庭教師会・鉄人会NEXTで認定プロ家庭教師として主に私立中高一貫校生や大学附属高生を担当。

正確な発音の徹底と音読・リスニングを中心に据えた異色の指導スタイルは抜群の効果を上げ生徒保護者から強い支持を得る。

旧来の受験英語における「例外的な文法知識イコール高度な英語力」という枠組みに強く異議を唱えると同時に, コミュニケーション重視の名の下にまるで「九九を教えずに方程式を解かせる」ようなスピーキング・ライティング指導が横行する状況に危機感を覚え独立,Good Chance Academyを開校。「王道の英語専門塾」の名に恥じない独自の英語指導メソッドに日々磨きをかける。

大学入試改革に向けて4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮にあっても,音読・リスニングの徹底による読解力の養成がすべての基本であるという方針は独立後も揺らぐことはない。

「なぜか長文がスーッと頭に入ってくるようになった」「学校で習った文法の役割がやっと理解できた」「リスニングと読解が実は同じスキルだということに気づいた」等々,生徒たちの目から日々ウロコを落とし続けている。

2019年,第3回OPETS杯争奪全国英語スピーチ暗唱コンテスト 決勝6位。

著書に『改訂第四版 秘伝のセンター英語』(共著,エール出版刊)。趣味はマウンテンバイク(Bianchi KUMA),海外ドラマ鑑賞。愛犬家(コーギーとシバのミックス)。

Good Chance” にこめた想い

Good Chance Academy (GCA) という名称の由来は,プレオープン当初の屋号「ぐっちゃん塾」に遡ります。

代表の名前が「大串」。

小学生時代からのニックネームが「おおぐっちゃん」→「ぐっちゃん」。

→ ”ぐっちゃんの塾”だから「ぐっちゃん塾」。

そのままですね(笑)。

そんなある日,知り合いの方に指摘されたのです:

「大串さんの塾では何を教えているの?」

「英語,ですが…」

「…。”ぐっちゃん塾”ってひらがなで書いてあったから,まさか英語の塾とは思わなかったよ。英語の塾なら英語の名前をつけなきゃ」

…確かに。ただ,なんとなくカッコいいから英語の名称にするのは避けたい。名は体を表します。

考えること1週間。…ぐっちゃん塾,…とりあえず「塾」を英語にして「ぐっちゃん・アカデミー」

…カタカナにして「グッチャンズ・アカデミー」

…アルファベットで “goo-chan’s academy”

… あ!(いわゆる アハ体験/aha experience ですね)

GOOD CHANCE ACADEMY !!!!!

即,ネイティブスピーカーの友人数名に問合せて,変な和製英語になってないか厳しくチェックしてもらいました。

「”Best Chance…” の方がいいかなとは思ったけど,そういうダブル・ミーニングがあるんだったら,変じゃないし逆に面白いんじゃない?」という,当時教材制作を監修してもらっていたカナダ・トロント大卒のジェニファー・ヘリンスキーさん(現The Canadian International Council職員)の意見を採用。

GCAが誕生した瞬間です。

それから早くも10年,GCAは今日も英語学習に悩む中学・高校生に “Good Chance” を提供し続けています。