塾生の声

マレーシア留学のすすめ(序)

GCAには,もともと志望していた慶応大の受験を止め,なんとマレーシアの大学への留学を決めている高3生がいます。


アメリカでもオーストラリアでも,最近流行りのフィリピンでもなく,マレーシアです。

一体,どういう目的なのでしょう。日本の大学へ進学せずに,マレーシアの大学で学ぶ魅力とはどこにあるのでしょうか。

つい先月,クアラルンプールに実際に大学見学に行ってきたばかりの本人にレポートを書いてもらいました。

渡航は今年の夏を予定しているようです。留学準備から実際の留学生活,そして卒業まで,今後数年にわたってリアルタイムの本格的なマレーシア留学の実況レポートになることでしょう。塾長も今年中にクアラルンプールに様子を見にいくつもりです。

*不定期の連載になります。

ABOUT ME
大串 一郎
Good Chace Academy 代表/講師。英検1級。TOEICスコア960。1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590。ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2011年,Good Chance Academy設立。4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮の中でも,正確な音読・リスニングの徹底による読解力の養成を基本に置いた指導方針を貫き続ける。