塾生の声

佐賀大学医学部医学科合格 Y.S君(筑陽学園高特S卒)

私が医学部医学科に合格できたのは,GCAの英語教育のカリキュラムによるところが大きい。高校に進学してから英語の成績が伸び悩んでいた私は,その状況を打開したいと,2年の春からGCAに通い始めた。

GCAではまずCDを活用して正しい音声を覚え,さまざまな音読練習により学習した文章を身につけていく。入塾当初,このやり方で本当に英語の成績を上げられるのかと半信半疑だった。でもまずは3ヶ月,先生のことを信じて毎日指導された通り,音源を聞き音読を続けることを日々のルーティンにした。授業では発音を細かく注意され,徹底的に鍛えられた。

また,難解な英文を解釈する際には,その文章の背景をわかりやすく説明してくださり,自分の中に知識として落とし込むことが出来た。音読を重ねるごとに,自然と英文が暗唱できるようになり,瞬時に日本語が頭の中に浮かんでくるようになった。

その結果,文章を読むスピードが上がり,試験時間以内に問題を解き終えられるようになり,じわじわと模試の成績が上がり始めた。3年生の夏以降は理系科目にかなりの時間を取られることになり,なかなか英語に手が回らなくなってきたが,センター直前まで毎日音読だけは続けるように努めた。

おかげで試験当日も過度に緊張することなく,落ち着いて本番に臨むことが出来た。

GCAで指導される正しい練習を継続していくことが成功の鍵だったと感じている。

これからのグローバル社会を生き抜く上で,英語はますます必須の言語となるはずだ。大学進学後もさらに英語力に磨きをかけていきたい。

最後に,大串先生には勉強以外でも色々なことを教わったり,ときには個人的な相談にものっていただいたり,あらゆる面で支えていただいた。大変感謝している。

福岡市|天神|英語塾 GCA|大学受験|医学部|英検|大濠|シリウス|ニュートレジャー
ABOUT ME
大串 一郎
Good Chace Academy 代表/講師。英検1級。TOEICスコア960。1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590。ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2011年,Good Chance Academy設立。4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮の中でも,正確な音読・リスニングの徹底による読解力の養成を基本に置いた指導方針を貫き続ける。