大学入試改革

一人歩きする「四技能化」

英語教育の「四技能化」が強く叫ばれています。
 
英語を「読む」「聞く」スキルだけでなく「話す」「書く」スキルもバランス良く指導すべきだという主張です。
 
それで「読む」「聞く」練習を減らして「話す」「書く」練習を増やそうという方向に進みがちなのですが,それが実際に良い成果を生み出すことはあまりありません。
 
なぜでしょうか。
 
結論から言うと,「話す力」「書く力」「読む力」「聞く力」というのが,それぞれ別々のスキルとして存在しているわけではないからです。
 
私たちは暗記した単語や文を「話し」たり「書い」たり「読ん」だり「聞い」たりしているだけです。
 
まずはしっかり暗記していないと「話す」ことも「書く」こともできません。
 
最近は「四技能」「アクティブ・ラーニング」「オールイングリッシュ」などといった新しい言葉があふれています。
 
ですが,英語学習の本質は変わりません。これまでにないまったく新しい方法が必要とされているわけではないのです。
 
単語や文をしっかりと暗記すること。
 
この基本を忘れては何も始まりません。
 
 
確かに「読む」のに比べて「書く」「話す」のが苦手な人が多いでしょう。
 
だからといって,いきなりオンラインレッスンでネイティブの先生と自由に会話したり,いろいろなトピックについてエッセイを書いてみたりする前に,やるべきことがたくさんあります。
 
 
考えるべき本当の問題は,
 
どうすれば自分の意見を英語で自由に書いたり話したりできるようになるか
 
ではなく,
 
どうすれば英語の単語や表現を,自由自在に引き出せるレベルまでしっかりと習得できるか
 
です。