発音ノート(pronunciation)

発音は大事です

「日本語訛り」以前の「でたらめ」発音

発音を練習してから英語を話すと,相手には日本語訛りの英語に聞こえます。日本語訛りがあっても英語に聞こえるし言っていることの意味がわかりますから,練習した結果として残る多少の日本語訛りはコミュニケーションのさまたげにはなりません。そういう英語は外国語として英語を学ぶ日本人学習者が目指すべき理想の英語です。

しかし,英語発音を練習せずに日本語の音だけで英語を話そうとすると,でたらめな発音に聞こえますから相手に通じない可能性があります。そうなると,コミュニケーションをとることがむずかしくなります。自分は一生懸命に英語を話しているつもりなのに,発音が不正確で相手に通じないとすれば,英語を勉強した甲斐がありません。

実は,文部科学省の指示に基づいて2021年度から日本の中学校と高校での英語の授業は「英語でおこなうことを基本とする」ということになっています。これは,先生も生徒も英語の時間中は英語で話せという意味です。でも,きちんと発音を教えてくれる先生はとても少ないので,教室で生徒が発する音が英語になりません。「でたらめ」になります。そして,生徒たちが日本語訛りの英語とさえ言えないようなでたらめ英語を話しても,たいていの先生はそのでたらめを放置します。

生徒がThank you.を「サンキュー」と言っても、run, ran, run, learnを「ラン,ラン,ラン,ラーン」と言っても、the best vestを「ザベstベst」と言っても、Hurry, Harry!を「ハリーハリー!」と言っても、その発音の間違いを指摘して指導してくれる先生はほとんどいないのです。

文法やつづりのミスには容赦なくをつけるのに…

ところが,先生たちは文法上の誤りには厳しくて,三単現のsとか単数と複数とか冠詞の用法とかつづりの間違いのようなものには,容赦なく×を付けて減点します。

先生は,My bike is broken, so I use her.という生徒の答案について「君はhersのsを落としてherと書いていたね。だから×だよ」と言い,その一方で「マイ バイク イズ ブロークン,ソー アイ ユーズ ハーズ」とカタカナ発音,すなわち,でたらめ発音で答えた別の生徒の解答は正解とするのです。

生徒たちの文法やつづりの間違いを指摘も指導もしない英語の先生はいません。もしそんな先生がいたら,生徒と保護者だけではなくて他の先生たちからも批判されるに違いありません。ところが,発音指導をしない先生が批判されたという話は聞いたことがありません。多くの人が発音など適当でよいと勝手に思い込んでいるからです。

とても残念なことに,日本では英語指導者には発音の知識も技能も求められず,小中高での英語指導に発音指導がきちんと組み込まれていることはほとんどないというのが現実です。でも,外国語学習に発音の練習がないということは,本来あってはならないことです。ですから,例えばNHKの語学講座では英語系の講座「以外」のすべてで丁寧な発音指導がおこなわれています。

発音指導をせずにでたらめを放置する先生たちの責任は大きいと思います。英語の指導者であるというのであれば,自らの発音技能を高めて生徒を正しく発音できるように導く責任があります。それができないのであれば英語の先生を名乗る資格がないと言われても仕方がありません。ピアノを弾けない人がピアノの先生の役目を果たすことができないのと同じことです。

というわけで,日本の学校教育で,そして学習塾での指導で英語を学ぶ人たちの多くは,発音を指導してもらえないという不利な状況で英語習得に励むことになります。しかし,やる気があれば、発音の練習はいくらでもできます。よい書物も売っていますしユーチューブには無料で利用できるたくさんの動画があります。正しい発音を学んで,教材を英語の音でスラスラと音読できる力がつけば,英語学習の効率が飛躍的に上がります。

「発音はだいたいでいい」「通じればいいのさ」「発音よりも文法だ」「カタカナ発音でも通じるんだよ」などなど,いろいろなことを言う人たちがいますが,そういう「悪魔のささやき」に惑わされてはいけません。

発音は大事です。信じてください。

ABOUT ME
柴田武史
GCA特別顧問。元中学校・高校英語教員。福岡県立福岡高等学校,西南学院大学文学部外国語学部英語専攻卒。福岡県立高校2校および私立弘学館中学校・高等学校で40年以上にわたり教鞭をとり,徹底した発音指導と基礎基本の定着を重視する独自の指導で大きな成果を上げる。高円宮杯第70回全日本中学校英語弁論大会中央大会では指導した生徒が決勝進出を果たす。1994年,The Japan Times社の英字新聞「週間ST」主催の英語暗唱大会で優勝。以後,英語指導者を対象とした発音指導を始め,小学校教員・中高英語教員・塾講師などを多数指導。アメリカ発音,イギリス発音に加え,事実上の世界標準である間大西洋アクセント(transatlantic accent)を自在に操り,フランス語・中国語・韓国語等の発音についても造詣が深い。2019年,第3回OPETS杯争奪全国英語スピーチ暗唱コンテスト優勝。国際英語発音協会認定英語発音指導士®。EPT®英語発音テスト 100点。英語検定1級。TOEIC 975点。TOEIC Speaking & Writing Tests 200点+200点。