九州大学(九大)

【徹底解説】九州大 2020 第1問・その5 ~仮説と検証の繰り返し

福岡市天神の英語専門塾GCA・代表のグッチャンです。第1問の本論2(Body 2)に入ります。

福岡市|天神|英語塾 GCA|大学受験|医学部|英検|大濠|シリウス|ニュートレジャー|九大

2つ目の論点

In our second study… で始まる第4パラグラフから本論2(Body2)に入ります。

まず序論~本論1(第1~第3パラグラフ)までの流れをもう一度確認しましょう:

ここで筆者らは2つ目の論点を提示します。すなわち

『実験①で個人に起こったことが,集団ではどのようなプロセスで生じるか』

です。

実は『個人』の話だった Body1(本論1)

ここで注意点がひとつ―。

この論文は,最初から最後まで集団での話をしているかに見えて,本論1(第2~第3パラグラフ)はあくまで

どうすれば『個人(individuals)』の創造性(アイデアを出す力)が高まるか

についての話だったということです。

実験①で「ペーパークリップの新しい使いみち」をたずねられていたのは個々人(each individual)です。

集団であれこれアイデアを出し合った,つまりブレーンストーミングをしたわけではないのです。

「自虐ネタ」を披露した,あるいは「自慢話」をした「グループ(groups)」というのは,同じ条件を与えられた「参加者(被験者)の人たち(one set of participants)」くらいの意味です。

その証拠に,第5~第7パラグラフの実験②の説明では,「グループ(groups)」ではなく「チーム(teams)」という言葉が使われています。

Body2(本論2)の仮説 ~チームの場合

ここでも筆者らは実験を行なう前に,新しい仮説を立てます(第4パラグラフ2行目: We suspected that~)。図にまとめると

福岡市|天神|英語塾 GCA|大学受験|医学部|英検|大濠|シリウス|ニュートレジャー|九大

その上で実験②を行なうのです。

(続きます)

福岡市|天神|英語塾 GCA|大学受験|医学部|英検|大濠|シリウス|ニュートレジャー|九大|長文読解
福岡市|天神|英語塾 GCA|大学受験|医学部|英検|大濠|シリウス|ニュートレジャー