大学入試改革

案の定…

英語専門塾を謳っておきながら…

しかもトップページのコンテンツマガジンに

「大学入試改革」というカテゴリーを設けておきながら…

当サイトではここ1年ほど*

民間試験導入や新共通テストの動向について

ほとんどフォローしていませんでした。

(*実は2017年頃は,セミナーを開催するほど詳しく研究していました)


後出しジャンケンのように聞こえるかもしれませんが,

今回のような事態 になるだろうことはだいたい予想できていたからです。


とりわけ大きな動きのあった先月は

高2生や他の塾の先生方から

「英検とGTECのどちらがいいのか」

「英検なら何級を受験すべきか」

といった質問や相談が相次ぎました。

具体的なアドバイスができず申し訳なく思います。


ですが何よりも大事なのはやはり,

“最新の動向”に気を取られて右往左往しないことです。


残念ながら,今後もしばらく混乱が続くでしょう。

もちろん事務手続きはぬかりなく行なわないといけません。

ライティング問題がタイピング形式であれば,

多少はタイピングに慣れておくことも必要でしょう(数日で十分に習得できます)。


ただ,

変わる変わると言っても,

英語が中国語の試験になるわけでも

体力テストになるわけでもないのです

また四技能というのは

他教科でいう分野・単元のように別々に学習するものではなく,

正しい方法で学習していれば,自然とバランス良く上達します。


あまり情報に振り回されずに粛々と英語のトレーニングを続け,

どのような試験形式にも対応できる実力を身につけましょう。