未分類

授業の様子: リピーティング

サイト・トランスレーション(口頭でのフレーズ訳)の次は,リピーティングによる3周目のチェックです。

講師が音読した英文のフレーズを,そのままオウム返し(リピート)します。

ここで意味内容を理解せずに音マネだけしていると,少し長いフレーズになった瞬間に冠詞や前置詞が変な場所に移動するといったミスが起こり,きちんと復習していないことがバレます。もちろんやり直しです。

逆に言うと,聞いて意味内容をしっかり理解できさえすれば,意識して覚えようとしなくてもフレーズ単位のリピーティングは自然とできるのです。

サイト・トランスレーションやリピーティングによる「読みっぱなし」を防ぐ2重3重のチェックは,GCAの最大の特徴のひとつです。

ABOUT ME
大串 一郎
Good Chace Academy 代表/講師。英検1級。TOEICスコア960。1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590。ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2011年,Good Chance Academy設立。4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮の中でも,正確な音読・リスニングの徹底による読解力の養成を基本に置いた指導方針を貫き続ける。