未分類

授業の様子: サイト・トランスレーション

GCAでの授業のひとコマ。

学習したリーディング素材が定着しているかどうか,口頭でのフレーズ訳(サイト・トランスレーション)でチェックしている様子です。

動画のように,きれいな日本語の語順に直すことなくパッと意味が出てくる状態になるまで直読プリントの音読(リード&ルックアップ)で練習します。

直読プリント

注意点は,日本語の意味を音読する練習をしないことです。

実際のチェックでは日本語で意味を確認します。

ですが,そのために

「私たちが見るとき,私たちが見るとき,私たちが見るとき,私たちが見るとき…子猫や子犬が遊んでいるのを,子猫や子犬が遊んでいるのを, 子猫や子犬が遊んでいるのを, 子猫や子犬が遊んでいるのを…」

と丸暗記してしまうと,確かに和訳をすばやく暗記することはできますが肝心の英語はほとんど身につきません。

フレーズ訳のチェック(サイト・トランスレーション)をしている最中に少しでも理解があやしいと感じた場合は,あえて直訳に近い訳をさせてみたり,より自然な日本語の言い回しで表現してもらったりと,あらゆる角度から何重にもチェックします。

このサイト・トランスレーションをクリアしないことには決して先の学習には進むことはできません。

ABOUT ME
大串 一郎
Good Chace Academy 代表/講師。英検1級。TOEICスコア960。1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590。ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2011年,Good Chance Academy設立。4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮の中でも,正確な音読・リスニングの徹底による読解力の養成を基本に置いた指導方針を貫き続ける。