文法ノート (grammar)

仮定法を勉強する前に(2) ~助動詞の本質

仮定法を勉強する前に ①動詞の現在形・過去形,②現在完了形・過去完了形 ③助動詞の現在形・過去形 のそれぞれをきちんと理解することが必要だと書きました。
 
順番が前後しますが,今回は ③助動詞(厳密にいうと法助動詞)の意味を理解しましょう。
 
主な助動詞には,will(would), can(could), may(might), shall(should),must などがあります。
 
もちろんこれらの助動詞にはそれぞれ異なった意味がありますね。
 
ですが,その前にこれらの助動詞すべてに共通する役割があるのです。
 
それは,
 
動詞が表す動きが起こる確率を下げる
 
という役割です。 
 
具体的には,
 
I stay here. 
(私はここにいる) 
 
が確固たる事実を表す(まあ人間のすることなので、あくまで「表そうとしている」)のに対し, 
 
助動詞を使って…
 
I will stay here. 
(私はここにいるつもりだ) 
 
I can stay here. 
(私はここにいることができる) 
 
I may stay here. 
(私はここにいるかもしれない) 
 
とすると,人の意志や能力・未来の状況といった不確実な要素が入ってきます。
 
 
次に,助動詞を過去形にすると確率がさらに下がります。 
 
I would stay here. 
I could stay here.
I might stay here. 
(私はひょっとしたらここにいるかも) 
 
 
ここから遠回しな表現や丁寧な表現が生まれます。 
 

逆に,確実に起こる科学的な法則なら助動詞はまったく必要ありません。 
 
If the sun rises, it sets.
(太陽は昇ったら,沈む)
 
 
つまり,  人の意志や未来の状況など不確定要素が入る(もしくは不確実だと表現したい)とき,初めて助動詞が必要になるのです。
 
仮定法が理解できない原因のひとつは,接続詞 if を使うような条件文では if 節は現在形,主節はwill + 原形と丸暗記してしまっていることです。
 
そう,中学で習う「時・条件を表す副詞節は未来のことでも現在形」というルールですね。
 
 
動詞の前に助動詞が入ったり入らなかったりするのには,きちんとした理由があるのです。
 
(続きます)