未分類

アクセントの練習法

私たちはふだん日本語を使って生活しているので,音読練習をする際にどうしても英語のアクセントが上手くできない人が多い,しかもアクセントが正確にできないと音読練習の本来の効果が得られないということを書きました。
 
もちろん,強弱アクセントに乏しい英語はネイティブスピーカーにも非ネイティブスピーカーにも非常に通じにくくなります。
 
正しくアクセントを身につける効果的な方法を紹介します。
 
簡単です。
 
音読する際に,アクセントのつく部分(音節・単語)で手を叩く
 
だけです。ドラムを叩くようにペンで机を叩いてもかまいません。
 
体の動きをともなうことで,ただアクセントを意識するだけの練習よりも効果的にアクセントがつけられるようになります。
 
ぜひ試してみてください。
ABOUT ME
大串 一郎
Good Chace Academy 代表/講師。英検1級。TOEICスコア960。1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590。ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2011年,Good Chance Academy設立。4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮の中でも,正確な音読・リスニングの徹底による読解力の養成を基本に置いた指導方針を貫き続ける。