勉強法

意欲が出てからでは遅いのです

保護者様からのいちばん多いご相談- 

それは「うちの子はまだ勉強への意欲がないのですが,塾に通わせる意味があるでしょうか?」というものです。

もちろんあります…

タイトルの通り,意欲が出てから勉強を始めるのでは遅いのです。

極端な話,意欲が十分にある生徒さんの方が,むしろ塾に通う必要がないかもしれません。

今ではスマホを使えば優れた講義が無料で何回でも視聴できますし,英語の発音や音読トレーニングもある程度は独学でできます。たとえるなら,わざわざ月会費を払ってスポーツジムで行なう筋トレや有酸素運動の大半が,意欲さえあれば実は自宅や公園でできる運動であるのと同じです。

実際,高校時代の私は英語の勉強への意欲だけはあり余っていたので,英語の塾には通ったことがなく,ほぼ独学で英検準1級まで取得しました。

一方で,高1高2のときはまったく勉強には見向きもせず,高3で部活を引退し秋の文化祭・体育祭が終わってから,ようやく受験に向けてやる気を出す生徒さんも少なくありません。
でも,それでは正直間に合いません。

勉強時間が取れず,まだ意欲もない生徒さんに対しては,まずは苦手意識をなくし,意欲が出たときあるいは本当に切羽詰まったときにスムーズに本格的な勉強に移れるような指導のやり方があります。

自宅で毎日きちんと練習しないと成績にはなかなか反映されないかもしれませんが,たとえ週1回数時間でも英語のトレーニングに触れ続けていることが大切です。

受験から逃れることはできないのですから。