勉強法

いつまでもスマホを敵視していいのか?

スマホは現代生活にとってもはや必要不可欠の道具になっています。

ところが今,教育関係者の間でスマホほど評判の悪い道具はありません。 実際,たいていの学校ではスマホの使用が禁止されていますし,スマホを使うと成績が下がる,頭が悪くなるといったセンセーショナルな研究が次々と報じられたりしています。  

もちろん,スマホの使用にはいろいろな弊害があるのは事実です。ですが,新しい技術や道具というのは往々にしてそういうものでしょう。

明治時代に欧米からペンや鉛筆が入ってきたとき,おそらく少なくない人たちが,心静かに墨をすり精神を統一して半紙に筆でしたためなければ良い文章は書けないと主張していたのではないでしょうか。あるいは,ワープロ(今のパソコン)が普及し始めたときは,万年筆や原稿用紙も使わずにカチャカチャとキーボードを叩くだけで良い小説など書けるはずがないと主張する人たちがいました。テレビや携帯電話が登場したときも散々な言われようだったことは想像に難くありません。 ですが,ペンやパソコン・携帯電話・テレビなしでは,もはや私たちの生活は成立しませんよね。

スマホだって同じです。スマホが普及し始めてからわずか10年です。正直言って,まだ安全性が確立されていない,過渡期の技術です。しかし,将来的にスマホやそれに続く機器がなくなることはまず考えられないでしょう。  

ですから,スマホを使うな!と頭ごなしに否定するのではなく,スマホの正しい使い方を丁寧に教えるのが本来の教育関係者の役割なのではないでしょうか。確かにスマホをいじっていると,だらだらとSNSや動画サイトなどを眺めて時間をムダしてしまうことも多いでしょう。ですが,スマホさえあればいつでもどこでもほぼ無料で各教科の超一流講師の動画授業を視聴することもできますし,多種多様な学習用のアプリも無料かまたはジュース1本程度の値段で手に入れることができます。海外のネイティブスピーカーとオンライン英会話だってできますし,twitterやinstagramを使えば英語で世界中の人たちと交流できます。「TED」で世界トップレベルのプレゼンテーションを聴くこともできます。

どうしてもSNSや動画サイトでだらだら時間をムダにしてしまう人向けに,最近では勉強に集中するのに邪魔なアプリをブロックするアプリだってあります。

スマホは勉強の邪魔だ!と思考停止してしまうのではなく,どうすればスマホの弊害を抑えながら勉強にうまく活用できるのか考えていくのが正しいあり方だと考えます。実際,海外や国内の一部の私立中高では既にスマホを利用した授業を行なっているようです。もちろん,GCAでもLINEを使った質問の受け付けやボイスメモによる音読練習の習慣化のサポートなど,以前からスマホを積極的に活用した指導を行なっています。