マレーシア留学レポート

マレーシア留学のすすめ (9)

INTI国際大学


次に訪れたのは,INTI国際大学です。

この大学もまたマレーシア国内で評価の高い私立大学です。1986年創立。マレーシア唯一のアメリカ資本の大学。

世界最大の私大ネットワークに加盟しており,アメリカをはじめとする先進国の加盟大学への1学期間の研修や大学編入などが魅力です。主要学部は,ビジネス経営系・会計ファイナンス系・ホスピタリティ‐ツーリズム系・ITコンピュータ系・法律系・工学系・医学-薬学系とバラエティ豊富。学費は文系学部で年間約75万円。

提携校はイギリスのハートフォードシャー大学 (ビジネス系学部とのツイニングとデュアルディグリーでの提携),オーストラリアのウーロンゴン大学 (商学・IT系の学部とのツイニング提携),同じくオーストラリアのブルーマウンテン国際ホテル経営大学 (ホスピタリティ学部とのツイニング提携)その他多数。他の大学よりも提携校の選択肢が豊富です。

また企業との結びつきも強く,有名企業からの出張授業なども盛んに行われ,卒業後6ヶ月以内の就職率はなんと96%。GoogleやIBMへの就職を決める卒業生もいるそうです。

キャンパスは5つ(ニライ・スバン・クアラルンプール・ペナン・サバ)あり,専攻や環境などを考慮して選ぶことが可能です。

僕が今回視察したのはマレーシア屈指の学生街にあるスバンキャンパス。周りにはマックにスタバ,他の大学のキャンパスもいくつかあってとても賑やかな場所でした。

キャンパス内は学生で溢れかえり,様々な場所でいろんな学生が自分のスタイルで時間を過ごしています。これまで訪れた大学の中でいちばんエネルギッシュで親しみやすい印象を受けました。

建物のデザインもアメリカの学園ドラマに出てくるようなポップなつくりで,廊下に学生の描いた絵が飾ってあったり,テスト終わりに騒ぐ学生がいたり,見ていて飽きない楽しいキャンパスでした。

​​

*追記:下村君は先日無事にこのINTI国際大から入学許可を受けました。おめでとうございます!夏から実際に写真のキャンパスで学ぶことになります。