最強”音読”メソッド

「前から訳」がうまくできないときは…

福岡市天神の英語専門塾GCA・代表のグッチャンです。音読練習の前提「前から訳(逐語訳/補助和訳)」をすると文の意味がわからなくなるという相談がたまにあります。

まぎらわしい日本語の連体修飾

ものすごく簡単な例を挙げると,以下のような場合のことですね:

A cat lived in the house.

ネコが / 住んでいた /…家に

日本語の連体修飾の影響で,どうしても述語動詞(V)の「住んでいた」が「家に」にかかってしまいまうんですね。つまり,

「ネコが住んでいた家に」

というふうに。

解決策は実はカンタン

この問題は実は簡単に解決できます。

語句ごとに「ね・さ・よ」をつけるだけです。

小学校の国語の授業で,文節を習ったときに教わりませんでしたか?

「ネコが / 住んでいた /…その家に

いかがでしょう? これですんなり頭から意味がとれるようになりませんか。ぜひ試してみてください。