勉強法

「ところてん」から「漆塗り」へ (1)

単語の暗記について。

学校ではおそらく単語集の「週テスト」(あるいは朝テスト)があって,毎週100~200語程度をテストされていると思います。

たとえば週に200語だとすると,約1学期間で2000語程度の単語集を1周できる計算ですね。

筆記テストとして毎週チェックできるので,テストする学校側も「きちんと覚えさせている」という実感があります。

ところが,この方式には大きな欠点があります。

学期末に1801番~2000番あたりをテストする頃には,大半の生徒の頭からは1~1000番くらいまでの単語がすっぽり抜けてしまっていることです。

まるでトコロテンのように(イラスト参照)。

これでは「テスト範囲」がない入試には対応できませんし,英語を習得するには程遠いですね。

では,どうすればいいのでしょうか。

(続きます)