読解ノート (reading)

夢の原書講読 (4)

No sooner had the lizardman regained mobility than it let out a roar of rage and fear…

If survival was your top priority, the smartest play would be to remain in the safety of town…

No matter how many times I see this…

There’s no way to manually log out other than through the menu.

I found myself at a loss for words despite the gravity of our situation.

……

はい,これらの構文はみなさんが大嫌いな「スクランブル」「ネクステージ」「ヴィンテージ」といった文法問題集から抜き出したもの…

…ではありません。

すべて「ソードアート・オンライン」の一節です。

学校の授業で「No sooner had S+V than…」とか「If S+過去形, S + would + 原形…」というふうに習っている構文が普通に出てくるのです。

これらの文法がきちんと理解できていないと,実はラノベすら読めないのです。

参考書や問題集だと大変な思いをして覚えないといけない文法事項も,好きな小説だとすんなり入ってくる。

しかも実際に読んで楽しんでいるわけなので,もはやこれは勉強や練習ではなく「実践」でもあるわけです。

T君の定期テストの成績も数か月で平均以上へはね上がりました(2学期期末30点→3学期期末60点)。学校教材をまったく使っていないにもかかわらず,です。

最高の勉強法ですね。

誰にでも当てはまるというわけではありませんが,洋楽や海外ドラマが好きだったりすると同じことができます。

もし英語で小説を読んでみたい人がいたら,大歓迎です。一緒に読みましょう。

ABOUT ME
大串 一郎
Good Chace Academy 代表/講師。英検1級。TOEICスコア960。1976年生まれ。弘学館中学校・高等学校,国際基督教大学(ICU)教養学部卒。高2で英検準1級合格,高3でTOEICスコア825,TOEFL(旧PBT)スコア590。ICU卒業後,一橋大学大学院商学研究科に進学し経営戦略論・経営組織論を学ぶ。2011年,Good Chance Academy設立。4技能化やアクティブ・ラーニングといった新しい言葉ばかりが先行する風潮の中でも,正確な音読・リスニングの徹底による読解力の養成を基本に置いた指導方針を貫き続ける。