マレーシア留学レポート

マレーシア留学のすすめ (4)

魅力③ 英・豪大学との提携制度

マレーシア留学の目玉のひとつがこの英・豪大学との提携制度です。

マレーシアの私立大学の多くは,旧宗主国であるイギリス,それにオーストラリアの複数の大学と提携関係にあります。


それらの大学には,マレーシアで2年間,最後の1年間を英・豪の提携校で学ぶことで,なんと提携先の学位が取得できる「ツイニングプログラム」というシステムがあります(英・豪の大学は基本3年制)。

他にもマレーシアで3年間,もしくはマレーシア2年間・提携校で1年間学ぶことで両校の学位を取得できる「ダブルディグリー」という制度など,その選択肢は多種多様です。

ちなみに,この制度で取得できる提携校の学位はイギリスあるいはオーストラリア本国で取得するものと何ら変わりがなく「イギリス・◯◯大学卒」と学歴に書くことができます。

この制度に僕はかなり惹かれました。イギリスの大学というだけでかっこいいし,なんかすごくないですか?(笑)

国公立並の学費でマレーシアの大学とイギリスやオーストラリアの大学の学位がゲットできるマレーシア留学という選択。これはなかなかの裏ワザではないでしょうか?