勉強法

暗記の条件 (1)

膨大な英単語や表現・文法を正確に覚えるためには,欠かせない条件がいくつかあります。
 
まず,できるだけ意味を理解して覚えることです。
 
もちろんある程度は丸暗記も必要です。しかし丸暗記,つまり意味のない文字列をただひたすらインプットする方法には限界があります。
 
最近は,1冊の単語集を高速で繰り返し流し読みして暗記するというやり方が主流です。毎日顔を合わせるうちにクラスメートの顔と名前が自然に覚えられるように,英単語も毎日繰り返し「見る」ことで覚えられるという丸暗記の一種ですね。
 
しかし経験から,この方法は人によって向き不向きがあるようです。とりわけ英語への苦手意識が強く意欲も低い場合,まったく効果が出ません。
 
 
これに関して興味深い話を読みました。
 
交通信号の色の順序を正確に思い出せますか?
 
……
 
けっこう迷いませんか。信号なんて毎日のように目にしているはずなのに,です。
 
答えは左から「青→黃→赤」です。
 
 
これにはきちんとした理由があります。
 
信号で一番重要なのはもちろん「赤」です。日本の道路は左側通行で右ハンドルなので,ドライバーにいちばん見えやすい位置に赤があるのです。
 
 
これだと一発で覚えられます。しかも二度と忘れることはありません。
 
 
なぜなら意味を理解したからです。
 
 
したがって英単語についても,例えば,
 
「encouragement」という長い単語を「e-n-c-o-u-r-a-g-e-m-e-n-t, 奨励,e-n-c-o-u-r-a-g-e-m-e-n-t, 奨励…」とやるよりも,
 
「en(-にする)」+「courage(勇気)」+「ment(名詞化する接尾辞)」から「勇気づけるもの」すなわち「奨励・激励」と覚えた方が,一見遠回りですがはるかに定着が良いのです。
 
このように語根・接頭辞・接尾辞の意味を意識して学習すると,encouragement という単語を覚えると同時に,courage(勇気),encourage(奨励する), dis-courage(落胆させる), dis-courage-ment(落胆),といった派生語・対義語も自然に頭に入ってきます。
 
これらの単語を出現頻度順で並べられた単語集の別々のページで学習するのは効率が良いとは言えません。
 
意味を理解して覚えるこの方法は,語彙だけでなく文法学習についても大変効果的です。
 
(続きます)