文法ノート (grammar)

Itは「それ」ではありません

「それ」は that

「it=それ」というのは間違いです。何かを指して「それ」と言うときにはthatを使います。何かおいしそうなものを食べている人に対して「それは何ですか?」とたずねるときに”What’s that?”とは言えますが”What is it?”とは言えません。

Itに相当する単語は日本語にはなく「dog=犬」のような一対一で対応する日本語の単語はありません。まずそのことを確認してください。人称代名詞itは訳語を覚えるのではなくて,使い方を理解することが大切な単語なのです。残念なことに,日本では英語学習の最初の段階で「it=それ」という間違いが多くの学習者の頭に刷り込まれてしまいます。

it は it

Itの意味などを考えてはいけません。Itはitなのです。次の英文を見てください。Itを「それ」と訳すと変な日本語になり,「それ」を消すと普通の日本語になるのがわかりますね。ですから,itが「それ」であるはずがありません。

① “You like that shirt, don’t you?”  “Yes, I like it very much.”

「君はそのシャツが好きなんでしょう?」「うん、それが大好きだよ」

② “Look at my hand. It’s very dirty.”

「私の手を見てよ。それはすごく汚れている」

③ “That baby is cute. It looks like a boy.”

「あの赤ちゃんかわいいね。それは男の子のようだね」

④ “There’s someone over there. I wonder who it is.”

「あそこに誰かいる。それは誰だろう」

⑤ “It’s five o’clock.” “It’s still dark.” “It’s freezing.”

それは5時だ」「それはまだ暗い」「それはすごく寒い」

⑥ “Where does it hurt?”  “It hurts here.”

「どこでそれが痛むのですか?」「ここでそれが痛みます」

では,「それ」でなければ itとは何なのでしょう。

①②では直前に話題にのぼった人間ではない単数のものthat shirtとmy handの代わりをしています。つまり,heにもsheにもならない単数のものをitで表しています。

③④では直前に話題にのぼった人間ではあるけれど性別不明の人that babyとsomeoneの代わりをしています。つまり,heなのかsheなのかがわからない単数の人をitで表しています。

⑤⑥では動詞isと動詞hurt(s)の主語です。このitには「意味」はありません。英文は主語がないと文にならないので,itを主語にしています。

⑤のようなitを「時間や天気や寒暖などをいうときのitの特別用法」などと呼ぶ人がいますが,別に特別なわけではありません。なぜなら他の人称代名詞(I/we/you/he/she/they)のどれにも当てはまらないものはすべてitになるからです。英語には三人称単数の人称代名詞がheとsheとitしかないので,heでもsheでもないか,あるいはheだかsheだか決められない単数のものはすべてitになるのです。「一人の男性→he」「一人の女性→she」「それ以外の三人称単数のものすべて→it」というわけです。

さらに例文をあげておきます。

“What’s this?”  “It’s my wallet.” 

「これは何なの?」「ぼくの財布だよ」

“What’s that?”  “It’s Jim’s bag.” 

「あれ[それ]は何なの?」「ジムのカバンだよ」

“Oh, no! It’s raining.”

「あら、いやだ。雨が降っている」

“I like it here.”

「ぼくはここが好きだ」

“Can I ask you something?”  “Sure, what is it?” 

「ちょっと聞いていい?」「もちろん。何だい?」

“Who is it?”

「誰なの?」(*ドアを叩く音に対して)

“Who are you?”

「君は誰なの?」(*目の前にいる人に対して)

どうですか。Itは「それ」ではありませんよ。

ABOUT ME
柴田武史
GCA特別顧問。元中学校・高校英語教員。福岡県立福岡高等学校,西南学院大学文学部外国語学部英語専攻卒。福岡県立高校2校および私立弘学館中学校・高等学校で40年以上にわたり教鞭をとり,徹底した発音指導と基礎基本の定着を重視する独自の指導で大きな成果を上げる。高円宮杯第70回全日本中学校英語弁論大会中央大会では指導した生徒が決勝進出を果たす。1994年,The Japan Times社の英字新聞「週間ST」主催の英語暗唱大会で優勝。以後,英語指導者を対象とした発音指導を始め,小学校教員・中高英語教員・塾講師などを多数指導。アメリカ発音,イギリス発音に加え,事実上の世界標準である間大西洋アクセント(transatlantic accent)を自在に操り,フランス語・中国語・韓国語等の発音についても造詣が深い。2019年,第3回OPETS杯争奪全国英語スピーチ暗唱コンテスト優勝。国際英語発音協会認定英語発音指導士®。EPT®英語発音テスト 100点。英語検定1級。TOEIC 975点。TOEIC Speaking & Writing Tests 200点+200点。