発音ノート (pronunciation)

【期間限定公開】母音: “u”の発音は2+1種類 ~GCAの発音トレーニング(7)

『ウ』じゃなくて『あ』

■短母音[ʌ] short “u”

英語が苦手な人がよく間違えやすい音のひとつですね。どうしてもローマ字にひきずられて「ウ」と言ってしまいます。

以下に紹介するように「ウ」に近い音もありますが,

“u” は基本的に日本語の「あ」

です。

発音のポイントは:

  • あまり口を開かずに「ア」
  • ふと何か思いついたときの「あ…」

■長母音[u:][ju:] ~ long “u” への変換ルール

“u” の長母音はやはりアルファベット読みで『ユー』あるいは『ウー』です。

ポイントは,くちびるを思い切り突き出すこと。

■変換ルール①: 単語の最後の 読まない e

わかりやすい例は

cut ↔ cute

の組み合わせですね。

■変換ルール②: u の直後読まない e / i

中学の早い段階で習う juice や fruits を「ジュイス」「フルイツ」と読む人はほとんどいませんが,

やはり高校レベルの suits が出てきた途端,「スイツ」と読んでしまう人が大勢出てきます。

これも,

ue / ui の e/i は読まない「変換マーク」

として捉える感覚を身につけましょう。

■『ウ』に近い “u”

実は u には,もうひとつ基本的な読み方があります。

push,put などの u です。発音記号では [ʊ] と表します。

これを cut や cup のように,short “u” で「パッシュ /pʌ∫/」「パット /pʌt/」のように読むことはありません。

カタカナ語でも「プッシュ」「プット」と書きますね。

ただし,日本語の『ウ』とは異なり,

  • 「ウ」ほどくちびるを突き出さない
  • 「ウ」に「オ」を混ぜてみて調整してみる

のがポイントです。

■ “oo” の読み方

ややこしいのは,この [ʊ] という音は,

book や wood のように u ではなく oo と表記されることが多いこと。

さらに,同じ oo でも

moon や pool のときは 長母音(long “u”)で,[u:] と伸ばします。