最強”音読”メソッド

★『音読タイム』スタート

『音読』習慣化へのトライアル&エラー

あらゆる教科やスポーツ・習い事とまったく同じで,

英語も週1回数時間の授業を受けるだけでは絶対に上手になりません。

授業で習った内容を毎日コツコツ練習して『身につける』ことが必須です。

さらに英語は『問題演習』ではなく『音読練習』を中心に練習する必要があるのですが,

この『音読練習』を習慣化するのが意外に難しいのです。

なぜかというとー

  • 図書館や学校,カフェなど公共の場では取り組みにくい
  • 他教科の『問題演習』からの切り替えが難しい
  • 『音読』テストがない(ことが多い)
  • 目の他に耳と口(音声)を使うので面倒くさい
  • 英語だけのためにGCAに毎日通うわけにもいかない

からです。

これまでGCAでは,筆記テストの代わりに『音読』によるチェックテストをあらゆる角度から何重にも行なうことで,音読練習の習慣化を促してきました。

ところがこれだけでは,練習の結果をチェックすることはできても,練習そのものをチェックすることができなかったのです。

今月,この問題がようやく解決しました。

コロナ自粛期間の思わぬ収穫

新型コロナウイルス感染症予防のため,去る4月~5月の約2か月間,GCAも教室を閉めてオンライン授業に移行します。

GCAは最大5名の少人数指導なので,もともと生徒さんのスマホやタブレットに入っているLINEアカウントでのグループ通話だけで,スムーズにオンライン化が進みました。

あ,これは使える!

教室に行かなくてもいいー

音声だけ聞こえればいいー

夜遅くてもいいー

同時に何人でも対応できるー

教室授業の代わりだけに使うのはもったいないー

『音読タイム』がスタート!

7月ー。教室授業を再開。

GCAの専用グループLINEでは,午後一番に授業の予約状況を送信します。

と同時に,その日の『音読タイム』参加者を募集し始めました。

そして教室授業が終わる22時(土日は21時),

参加希望者のLINEアカウントに一斉にコールして30分間の『音読タイム』が始まります

22時から30分間というちょうどいい時間帯

自分の意志で参加を申し込み,時間になったらコールがかかる適度なしばり

仲間の音読は聞こえるが,カメラはオフなので恥ずかしくない

講師が適度にチャット画面で声かけする

講師自身も音読練習をしている

……

これならふつうのモチベーションで無理なく続けられます。

GCAでのここ数年最大のブレークスルーかもしれません。

参加者は今のところ3~6名。

引き続きレポートします。