発音ノート (pronunciation)

【期間限定公開】母音: 『a i u e o』≠ 『アイウエオ』の衝撃!~GCAの発音トレーニング(5)

まず『アイウエオ』を忘れよう

まず以下の文字を声に出して読んでください:

a・i・u・e・o

私たちがふだん使っているローマ字では『ア・イ・ウ・エ・オ』と読みますよね。

あるいはアルファベット『エー・アイ・ユー・イー・オー』と読んだ人もいるかもしれません。

英語の発音を学習するときは,

『a・i・u・e・o』は決して『ア・イ・ウ・エ・オ』ではない

ということをしっかり覚えておいてください。

英語の母音は10個~

日本語には『ア・イ・ウ・エ・オ』という5つの母音があります。

その5つの音にローマ字(アルファベット)の『a・i・u・e・o』5つの文字をそれぞれあてているわけです。

ところが,英語の『a・i・u・e・o』という5つの文字にはなんと

それぞれ2つずつ,2×5個で計10個

の基本的な読み方があるのです。

英語の a・i・u・e・o が持つ2つずつの読み方

  • 短母音(short) ~『フォニックス読み』
  • 長母音(long) ~『アルファベット読み』

と言います。以下ひとつずつ確認していきましょう。

(1) 母音 “a” ~『ア』『エー』ではない!

まず “a” の読み方―

■短母音 [æ] ~ short “a”

“a” を絶対に『ア』と発音しないように注意してください。

たとえば,hat (帽子)を 『ハット』のように発音すると,

hut (小屋) あるいは hot (暑い) に聞こえてしまいます。

短母音[æ] (short “a”)は,

  • 口角を左右斜め下に首にスジが浮き出るくらい引っ張って
  • 『ア』と『エ』のあいだのような音

を出すのがポイントです。

■長母音 [ei] ~ long “a” (アルファベット読み)

“a” の2つ目の読み方。これは「アルファベット」読みとも言われ,A・B・C…とアルファベットを読むときの発音と同じです。

ポイントは以下の2点。

  • エィ』と後ろのイは小さめに
  • カタカナ読みで『エー』と伸ばさない

[æ][ei] 変換のルール(フォニックスルール)

ここで,同じ“a”という文字が,

短母音[æ] (short “a”) なのか,

長母音[ei] (long “a”) なのか,

区別するルールを紹介します。

■読まない母音(silent vowels)

長母音[ei] (long “a”) になるときは,つづりの中に読まない母音(黙字/silent vowels)が含まれているのが基本です。

① 単語の最後の 読まない “e” (silent “e”)

cakemake, hate を 「カケ」「マケ」「ハテ」と読まないのは,

最後の”e” は “a” を長母音[ei]に変えるだけの読まないマーク

だからです。

わかりやすいのは

hat → hate

の組み合わせですね。

hat (帽子)は,短母音[æ] で[hæt]。

一方,hat の最後に読まない”e” を加えて hate (嫌う) にすると,

“a” が長母音[ei] に変わり,[hæte]ではなく[heit]になります。

② “a” の直後の 読まない “i” と “y”

中1で習う rain や mail などは,あえてカタカナで書くと『レイン』『メイル』と読めても,

あるいは day や play は『デイ』『プレイ』と読めても,

高校で出てくる claim faith を『クライム』『ファイス』,delay を『ディライ』と読んでしまう人が少なくありません。

これはもちろん,ai をローマ字で『アイ』と読んでしまっているからですね。

英語では

ai / ay の中の iy は, “a” を長母音[ei]に変えるだけの読まないマーク

だというルールをしっかり身につけておきましょう。

わかりやすい組み合わせは,

ran → rain

ran (走った)は,短母音[æ] で[ræn]。

一方,ran の aの後に読まない”i” を加えて rain (雨) にすると,

“a” が長母音[ei] に変わり,[ræin]でも[rain]でもなく,[rein]になります。