新共通テスト

安心してください,『発音・アクセント』はリスニングに不可欠です

「発音・アクセント」もなくなる新テスト

「文法問題」に加え,新共通テストでは「発音・アクセント問題」もなくなります。

現行のセンター試験では配点も低く出題パターンも限られているため,本番直前にあわてて頻出問題集などで丸暗記していた人がほとんどでしょう。

実はこれについては「文法問題」でのような議論はあまり聞かれません。

なぜなら「発音・アクセント問題」とはリスニング試験がなかった時代(~2005年)の名残りにすぎないからです。

筆記試験というしばりの中で英語の音声面の知識をテストする出題だったのです。

……

ところが,カタカナ語と発音が異なる単語・フォニックスルールの例外にあたる単語がよく出題されたため,受験産業によってすぐに解答テクニックが開発され,完全に骨抜きにされてしまいました。

たとえば wool[wʊl] と,pattern[pˈæṭɚn]と発音できなくても,「ウールじゃなくてウル」「パターンじゃなくてタン」と覚えれば正解を選べます。

women を 「ウィン」と読むと思い込んでいる人など,今でもけっこういるのではないでしょうか?

『音声でマスターする発音・アクセント問題』?!

書店の英語参考書コーナーには何十冊もの「発音・アクセント問題集」が並んでいます。

中には『音声でマスターする発音・アクセント問題』*という笑えない冗談のようなタイトルのものまであります(*著者・出版社の名誉のため書名を若干変更しています)。

を,声以外の何でマスターしようというのでしょうか。

『ピアノを弾いて覚えるピアノの弾き方』『エクセルを使ってマスターするエクセルの使い方』といった本のタイトルは絶対に考えられません。

失礼ながら,まさに”受験英語の負の遺産”の象徴のようなタイトルだったので,記念に思わず買ってしまいました。

発音も「四技能」の基礎

文法と同じく,発音・アクセントも四技能(とりわけリスニング・スピーキング)の基礎となるスキルです。

もちろんカタカナ語でも話の流れで推測できるケースもありますが,それはあくまで知能テストで測定されるような「推測力」であって,決して英語力ではありません

たとえば ugly / agree を「アグリー」,sin / thin / shin をすべて「シン」,cop / cup を「コップ」などと覚えていたら,リスニング・スピーキング力はある一定のポイントで伸びなくなってしまいます。

新共通テストのリスニングでは,本来の発音・アクセント問題が問うはずだった,文脈から簡単には推測できない問題が出題されることを強く望みます。

……

英単語の並べ方(&変形ルール)である本来の「文法」

英単語の読み方である「発音」

そして必要十分な「英単語」

を基礎からきちんと習得していれば,試験形式の変更など何も恐れることはありません。

「リーディング」「リスニング」とシンプルな構成になった新共通テスト。

受験産業との「傾向と対策」の不毛ないたちごっこが繰り返されないと良いのですが…。