大学入試改革

では改革は不要なのか?

前回の記事では,四技能化やアクティブラーニングといった新しい流れをあたかも悪いことであるかのように書いてしまいました。
 
ですが,だからと言って旧来の受験英語の方が良かったと主張ているわけではありません。
 
 
はるか昭和の昔,英語の授業でラッセルやモームの格調高い名文をじっくりと味わい,これまた格調高い和訳を作っていた時代の方がずっと優れていたという意見があります。
 
複雑な構文や文法をじっくり分析することで論理的思考力が養われ,国語の勉強にもなっていたという主張も少なくありません。
 
 
一見もっともな話ですが,一般教養や論理的思考力と「英語力」は別物です。
 
教養や論理的思考力の養成は,あくまで国語・数学など他教科の領域ではないでしょうか(教科としての国語と英語の関係については別記します)。
 
 
英語の名文を格調高い日本語に翻訳できる,
 
深い教養があり論理的に思考できる,
 
 
でも…
 
英語の放送を聞き取れない,
 
自分の意見を即座に英語で表現できない,
 
そもそも発音が通じない,
 
というのは普通に考えてやはり問題でしょう。
 
 
何らかの改革は必要です。
 
どこをどう変えればいいのでしょうか。
 
 
旧来の受験英語には大きくわけて2つの問題点があります。
 
 
(1) 英語の音声の側面をほとんど無視していたこと
 
最近は多くの参考書・問題集に音声CDやダウンロードサービスがついていますが,それらをきちんと活用している人は今でも非常に少ない印象です。
 
 
(2)「問題が解ける」ことが最終目標になっていたこと
 
TOEFLなどの外部試験を導入すると,学校の英語の授業がたとえば「TOEFL対策講座」に貶められ,本来の英語教育ができなくなるという批判があります。では,実際これまでの英語の授業はどうだったのでしょうか…。先生の殺し文句はいつも「ここはテストに出ます!」ではありませんでしたか? 五十歩百歩とはこのことです。