自由英作文 (writing)

「書く」「話す」スキルを伸ばすには (1)

英語のテストが四技能化される,つまり「読む」「聞く」に加えて「書く」「話す」スキルがもっとテストされるようになるというトピックです。
 
実際,毎年多くの高校生が受けるGTECでは既に「自分の好きなこと」「将来の夢」といったトピックで100語レベルの自由英作文が出題されていますし,英検の2次試験では「駅に店舗は必要か」「高校生は留学するべきか」といった質問に対して自分の意見を述べなければなりません。
 
こういう場面できちんと英語を「書く」「話す」ことができないことに悩む人は多いと思います。もっと英語を勉強しなければと考えるかもしれません。
 
ですが,英語を書けない,話せない原因は思わぬところにあるのです。
 
 
日本語力(国語力)の不足です。
 
 
以下はよくある不合格の解答例です(日本語訳)。
 
問1「あなたの好きなことについて書きなさい」
 
答「サッカーが好きです。面白いから」
 
 
問2「高校生は留学するべきでしょうか」
 
答「するべきです。良い経験になるから」
 
 
問3「駅の中に店舗は必要でしょうか」
 
答「必要ではありません。人が多いから」
 
……
 
一見,どこが不合格なのかわかりませんよね。面白いからサッカーが好き,良い経験になるから留学するべき,人が多いから店舗は不要…。
 
 
確かに日本語で日常会話をする分にはこれで問題ないのです。ですが英語で議論する際,このような解答しかできないと「だからなぜ?(Why?)」とさらに追及されます。
 
では,どういう解答にすればよいのでしょうか。少し考えてみてください。
 
(続きます)