最強”音読”メソッド

音読のイメージ(1)

まず
 
「音読なんてわざわざ教室に通わなくてもひとりでできる」
 
という意見について。
 
 
ひと口に「音読」といっても以下に挙げるように様々なバリエーションがあります:
 
・サイトトランスレーション
 
・リード&ルックアップ
 
・リピーティング
 
・バックトランスレーション
 
・オーバーラッピング
 
・シャドウイング
 
・ナレーション
 
 
これらの多様な音読の方法を,一人ひとりのレベルや目的に合った最適なバランスで練習メニューに落とし込み,それぞれ練習の目的をしっかりと共有し,実際の練習をサポートし,ミスを修正し,適切な自宅学習の課題を出し,学習効果を測定していくのが講師の役割です。
 
ちょうどスポーツジムのインストラクターのようなものです。筋トレやランニングは自宅でひとりで練習することもできます。ですが,適切な指導を受けることでケガも防げますし,間違った練習でなかなか効果が出ないということもなくなります。
 
また,サイトトランスレーションの練習では,和訳の前段階としての逐語訳(直訳/前から訳/ガイド訳)の教材が不可欠です。逐語訳を自分で作成するのは時間がかかって効率が悪くなりますし,間違った逐語訳で練習してしまうとむしろ逆効果です。
 
それぞれの具体的な練習内容については,文章で説明するより実際に体験する方がはるかにわかりやすいのでここでは割愛します。
 
要するに,音読練習というのはただ漠然と声に出して読むことではないのです。
 
音読練習こそ適切な個人指導を受けることが重要です。